通訳技能検定試験(通検)の概要と教材

この資格は、2008年に突然なくなってしまいました。
未だに受験料返還などをめぐってトラブルがあるようです。


  • 通訳技能検定試験(通検)の概要
    “通訳”を目指す人のための指針として全国規模で通訳能力の審査および資格の認定を行い、国際化時代の要請にこたえることを目的に1973年(昭和48年)に創設されたのが、通訳技能検定試験(“通検”)です。
    通検は、別称プロ通検ともいわれ、設立以来30余年間実施され、通算122,683名が受験し、うち36,403名が合格し、1級試験はわが国でもっとも難しい語学資格試験として知られています(語学試験難易度比較表参照)。
    通検の合格者は日本通訳協会が認定する通訳士の資格を得て、プロの通訳者として多方面で活躍しています。 (オフィシャルホームページより)

    1級・準1級・2級の3つに分かれています。
    ただし、1級と準1級は同一試験を行い1級不合格者のうち成績優秀者を準1級として認定します。

    レベルとしてはかなり高く、2級で英検1級レベルが想定されています。
    準備段階の人は、ボランティア通訳検定試験(ボランティア通検)から受験する方が良いかもしれません。(ボランティア通検と通検の併願も可能です)


  • 参考図書
    日本通訳協会のホームページから通訳技能検定の過去問題集を購入できます。

通訳関連の書籍【Amazon.co.jp】


  • インターネットで通訳講座を探す
    選べる資格.com、比較.comとったサイトでは通訳の通信講座・通学講座を探す事ができます。

    通学可能な教室を探すのにも役立ちますし、資料請求も簡単にできるので、どの講座を受講するかを比較検討するのにも便利ですよ。


  • 通訳トレーニング入門【アルク】
    アルクの通訳入門の通信講座です。
    通訳の学習を始める人にお薦めします。
    通訳技能検定試験対策としては易しすぎるかもしれません。

通訳トレーニング入門【アルク】

通訳関連の教材・講座

資格


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください