日商ビジネス英語検定の概要

商工会議所が運営しているビジネス英語の検定試験です。
日商簿記などをやっていることろですね。

もともとは、商業英語検定という試験を実施していたのですが、平成14年度で廃止し、その後継の資格として誕生したのがこの資格です。

日商ビジネス英語検定の概要

  • 実施団体:
    全国の商工会議所
  • 申込方法:
    申込は次の手順で行います。
    商工会議所が一括で管理をしているわけではないので注意が必要です。

     1.Webサイトで各試験施行機関を検索する。
     2.受験を希望する試験施行機関の試験日程やや申込方法等を確認する。
     3.試験施行機関に直接申し込む。
  • 試験区分:
    1〜3級の3段階
  • 受験料:
    1級 7,000円
    2級 5,000円
    3級 4,000円
  • 試験会場:
    全国の商工会議所。
    商工会議所が認定した試験施行機関。

日商ビジネス英語検定の試験内容

1〜3級のレベル別に分かれています。
それぞれのレベルは以下のようになっています。(オフィシャルページより引用)


1級:豊富な海外取引の実務経験があり、英語による十分なビジネスコミュニケーション能力を有する。
2級:入社前あるいは入社後1年〜2年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーション能力を有する。
3級:入社前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力を有する。

まだ、新しい試験なので体制が整っていないせいか、実際に試験として行われているのは3級のみです。
しかし、近日中に1級・2級の試験を行うようです。

ビジネス英語の試験は珍しく、日本で唯一かもしれません。
今後が期待されている資格です。


  • 個人的な見解
    ビジネス英語の検定試験は少なく、その意味では貴重な試験といえるでしょう。

    2級は実施されていないので試験内容に関してはなんともいえません。
    ただ、前身の商業英語検定が評価の高い試験なので、きっと良い試験になることでしょう。




日商ビジネス英語検定

ビジネス英語の資格

英語の資格

 


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください