英語教材ガイド

英語の新聞記事を読むための教材

英字新聞・ニュース雑誌は目標の一つです

英語を学習する人の中には、英字新聞やニュース雑誌などの記事を読めるようになることを目標にしている人も少なく無いでしょう。
でも、正直に言って、難しい印象ありますよね。

私自身もかつてNewsweek 購読してみたものの、さっぱり読むことができず挫折した苦い経験を持っています。
いまでも、苦手は残っています。
以前のように、全く手も足も出ないということではありませんが。

もちろん、ずっと苦手意識を持っているというわけにも行きません。
将来的に英語の新聞記事を読めるようになるための段階的な学習法と教材を考えてみました。


英語の新聞記事の特徴を知る

英語の新聞記事を読もうと思ったとき最初に戸惑うのが記事のタイトルです。
はっきりいって、タイトルだけを読んでも何を言いたいのかさっぱり分からないという人がほとんどでしょう。
というか、私がそんな状態でした。

新聞事のタイトルは、文字数の関係などから省略した形で書かれています。
この省略形についての知識が無いと、理解するのは難しいわけです。

また、新聞記事の中では文章の中でコンマを使った同格表現が多用されたり、長い名詞句が使われるといった特徴があります。

とりあえず、英語の新聞記事に関する特長的な記述を押さえておくのが最初のステップとして適切でしょう。

これらの点に関しては新聞記事の読み方に関する書籍が出版されているので、それらの解説を読むのが近道です。
新聞記事独特の記述方について一通りの説明があるので、一冊読んでおけば問題はクリアできるでしょう。

私が読んだのは「第一線の記者が教える英文記事の読み方」で、これは上記の問題点についての解説がなされています。
その他の英語の新聞記事の読み方に関する書籍についてはこちらをご覧ください。


難しい単語に対応する

さらに、使われている単語が難しいのもとっつきにくい点だと思います。

政治や経済の分野では専門的な用語が使われることが多いですし、固有名詞に対しても何について書かれているかわかりません。
例えば、United Nations Security Council (国連安全保障委員会)、Japan Self-Defense Forces (自衛隊)などの単語を知らないと英語の新聞記事は読めないですよね。

これらの単語を覚えていくためにはどのようにしたら良いでしょう。
個人的には、多くの文章を読んでいくしかないと思っています。

多くの文章を読むといってもいきなり英語の新聞を読んでいくのは多少ムリがあります。
いきなり新聞を読み出すと、分からない単語がかなりあり、なかなか読み勧めることはできないでしょう。

そこで、英字新聞と同レベルの単語が使われていて、難しい単語には簡単な解説が付いているような教材を選ぶのが得策でしょう。
具体的には、新聞記事に柱が付いているような教材です。
先ほど、英字新聞の特長について書かれている本として紹介した「第一線の記者が教える英文記事の読み方」などもそのようなスタイルで書かれた教材です。

この他には、Japan Times 社から出ている週刊STなどの学習者向けの雑誌や朝日新聞の天声人語を英訳をつけて季節ごとに収録した書籍などが役に立ちます。
このほかにも、新聞を題材にした教材は多数出版されているのでそれらを利用すれば良いのではないかと思います。

これらの教材をある程度読んでいく事で、英字新聞で良く使われ単語を自然と覚えていくことができるはずです。




当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください