JTF(ほんやく検定)の概要

  • JTF(ほんやく検定)の概要
    社団法人 日本翻訳連盟の主催する翻訳能力の検定試験です。
    全国の主要都市で試験が行われるほか、インターネットでの受験も可能です。

    1〜5級に分かれていて、4級・5級は基礎的翻訳能力を問う試験です。
    5級レベルでは90%、4級レベルでは85%が高校卒業までに学習する英単語で構成されています。
    一般の方が力試しに受験されるなら4級・5級レベルからでしょう。

    1〜3級は実用レベルの翻訳能力を問う試験で、同一の問題を解答し、翻訳の完成度に応じて1〜3級または不合格が判定されます。
    1〜3級は、(1)政治・経済(2)科学技術(3)金融・証券(4)医学・薬学(5)情報処理(6)特許の各分野のなかから1分野を選択し解答することになります。

    有能な翻訳者を全国から発掘、選抜する事を目的に行われる能力判定試験です。


  • JTF(ほんやく検定)の過去の問題および解説
    過去に出題された問題は一般書店などでは手に入れることができないようです。
    過去門およびその解説を入手するには日本翻訳連盟に直接申し込む必要があるようです。

翻訳関連の教材・講座

資格

外国語として英語を学ぶ人向けの書籍(洋書)。ある程度英語が出来る人はチェックしてみてくは?

 


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください