翻訳技能認定試験(翻訳検定)の概要と教材

  • 翻訳検定の概要
    (社)日本翻訳協会によって実施さています。

    英→日・日→英の2言語間の翻訳力が試験されます。(他に中→日・日→中の試験もあります)

    4つの部門に分かれているのが特徴です。具体的には、

      A部門 文化、芸術、スポーツ
      B部門 法律、政治、経済
      C部門 工学、化学、科学
      D部門 医学、薬学、バイオ

    認定レベルは、<1級、2級、3級、4級、および基礎級>の5段階があります。(なお、中国語部門はA部門のみの実施となります。)

    試験問題は、各級とも共通知識問題(60分)と部門別技能試験問題(120分)で構成されています。

    共通知識問題は翻訳を行うときの基礎となる文法、構文、文体等の知識などを測り、部門別技能試験問題は翻訳の実技能力を測ります。

    また、試験会場には辞書3冊までの持ち込みが認められています。

    現役のプロの間でも評価の高い試験のようです。

    試験の概要は「(社)日本翻訳協会」のウェブサイトを元に作成しました。



翻訳技能認定試験(翻訳検定)【Amazon.co.jp】



翻訳教材や通信・通学講座


翻訳関連の教材・講座

資格


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください