英語独学ガイド

プロゴルフ石川遼選手で有名 スピードラーニングで英語の独学

英語学習の成功事例─うまく行ったこと(2):文法の理解

絶対に覚えておいた方が良い文法事項

文法というと苦手意識を持っている人が多いかもしれません。
しかし、ここで書いているのは細かい文法のルールのことではないです。

私だって、仮定法や関係副詞の細かいルールなんて覚えていません。
仮に覚えていたとしてもそれほど役に立つとは思えませんし。
とりあえず、後回しにできる部分は後回しでもOK.です。

私の経験では、絶対理解しておいた方が良い文法事項はそれほど多ありません。
英文を読むという点だけに絞っていて言えば、単語の並びと文章の意味の関係だけ押さえておけばあとは枝葉であると言えるでしょう。
ちょっと言いすぎかな。

単語の並びと文章の意味の関係とは文法用語で言うと文型というやつです。
SVOとかSVOCとかいうあれです。
もちろん名前だけ覚えても全く無意味で、その意味を理解しなければなりません。

私が、文型の重要性を理解したのは大学受験の学習をしていたときです。
その時使っていた参考書で文型の重要性を知り、英文が読めるようになりました。
当時、短期間に偏差値が10位のび長文読解を得意にする事からも自信を持って重要であると断言できます。


なぜ、文法は無意味だといわれるのか?

一部の人、しかもそれほど少なくない人が文法の学習はあまり意味がないと思っているようです。
なぜ、そんな風に感じる人が多いのでしょう?

私の理解では、中学・高校での文法の学習は英文を理解するうえで細かい部分に力を注ぎすぎているのが原因だと思います。

文法事項には重要度が高いものから低いものまで様々あるが、重要度の違いを意識せず同じようなウエイトで教えているのです。
むしろ、枝葉の部分に時間をかけて教えているような印象があります。

なぜそのような教え方になってしまうのかはちょっと分かりません。。
英文法を学習する目的は受験英語の文法問題に答えるためだという考えが学校教師の側にあるためかも。
高校や大学の受験でも、文法問題として問われるのは枝葉の部分が中心ですし。

いずれにしても、枝葉は枝葉に過ぎないので勉強してもムダであると感じる人がいるのは仕方がないことでしょう。


英語を学ぶのに文法は必要

既に書いたとおり、英語を理解するために文法の学習は欠かせません。
しかも枝葉の部分ではなく、本当に必要な部分を学ぶ事が必要です。

不幸な事に、英語を読むのに必要な文法の本はそれほど多くありません。
その本に出合えるかどうかで英語を理解できるかどうか大きく違ってきます。

私のお薦めは「文法の基礎は理解しておく」に書いておいたので興味があればチェックしてみてください。






英語の資格ガイド



当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください