英語独学ガイド

プロゴルフ石川遼選手で有名 スピードラーニングで英語の独学

英単語を覚えることが一番大事かもしれません

一番大事なのは単語

語学の基本は単語です。
単語さえ知っていれば、最低限のコミュニケーションをとることは出来ます。

もちろん、文法とか音声とかは大事なんですけどね。
それ以前に、単語を知らないと、何も出来ないわけです。
とにかく必要最低限の単語は覚えてしまいましょう。

しかし、日本人の英語学習者の人は、単語の学習を軽視する傾向が強いようです。
なぜなのでしょうか?
ちょっと不思議です。


ネイティブと日本人学習者の語彙力の差

さて、日本人の英語学習者とネイティブの間にはどのくらいの語彙力の差があるのでしょうか?

まず、ネイティブの知っている単語は3万語とも5万語とも言われています。
個人差がありますから、たくさん知っている人とそうでない人の差は大きいでしょうね。
だいたい数万語程度という認識で良いでしょう。

一方、日本人の英語学習者の知っている単語はどの程度でしょうか。
まず、大学受験で有名大学を目指す場合は5千語程度といわれています。
資格試験で言うと、8千語程度しっていればTOEIC で単語が分からなくて困ることは無いと聞いたことがあります。
さらに、英検1級に合格するには1万語から1万5千語程度必要らしいです。

英検1級というと、日本人の英語学習者としてはかなりのレベルです。
そのレベルの人でもネイティブと比べると大きな差があるのです。


語彙とリーディングの関係

知っている単語が少ないと、英語を読むことも難しいですし、リスニングでも障害になります。

知っている単語が1万語程度だと、分からない単語がありながらも、英字新聞をある程度は読めるでしょう。
TIME とかNewsweek はちょっと厳しいでしょうね。

小説は作品によっては読めるものもあると思います。
ただ、結構分からない単語があると思います。
「ハリー・ポッターと賢者の石」のような児童書でも知らない単語は結構あると思いますよ。

英検1級程度の1万語の語彙力を持つ人でもこの程度です。
それ以下の人に関しては推して知るべしといった感じでしょう。
ネイティブ・スピーカーのレベルと比べると、かなり差があるわけです。

人によっては2万語は覚えろという人もいます。
どの程度覚えるかは目指すレベル次第ですが、たくさん覚えるに越したことはありません。



英語独学ガイド
リスニングの独学方法
リスニングの教材
リーディングの独学方法
リーディングの教材


英語の資格ガイド


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください