まさに英語学習者のための電子辞書でしょう SHARP Brain

語学の学習に欠かせないのが辞書。
英語学習だけでなく、海外旅行などでも重宝します。

最近は電子辞書が主流になりつつあります。
まあ、当然の流れでしょう。

なんと言っても紙の辞書は重いです。
外で使おうと思ったときに実用的ではありません。

まともに使おうと思えば、最低でも中辞典程度のサイズは必要です。
そうすると、英和一冊でも1kgはありますよね。

ペットボトル2本分。
ちょっとした筋トレです。

そして、英和辞典1冊を選んでしまうと、和英とか英英辞典を持ち運ぶことは不可能になります。
よっぽどの体力自慢以外は、何冊も持っていこうとは思わないでしょう。

電子辞書は高いんだよね

このような状況ですから、当然流れとして、電子辞書を使おうということになってきます。
でも、電子辞書って高いんですよね。

英語学習社の場合だと、英和辞典、英英辞典、和英辞典くらいは絶対に入っていて欲しいと思うでしょう。
ただ、それなりのモデルをと思うと、2万円とか3万円は普通にします。

このくらいの値段だと、購入をためらう人もいますよね。
だって、安いモデルのパソコンが1台買える値段です。

もちろん、その値段が妥当なものなら仕方がありません。
あとは、購入する側が決断するかどうかという問題です。

でも、必ずしもそうだとは思えません。
今の電子辞書を見ていると、必要以上に高機能になっているように見えるんです。

これはメーカーの都合なんでしょうけどね。
利益を大きくするために、単価を高くしたいのでしょう。

まあ、余談です。

とにかく、英語学習で使いたい人は、先ほど挙げた英英辞典、英和辞典、和英辞典だけで良いのです。
あと、広辞苑くらいは入っていても良いとは思いますけど。

でもそれ以外は、入っていなくても差支えがないのです。
ことわざ辞典とかお薬辞典などが入っているのを見て、「そんなもの入れるくらいなら安くしろよ!」と叫んだのは私だけではないでしょう。

やっと求めていたモデルが発売されました

さて、電子辞書をめぐる状況ですが、やっと変わりはじめたようです。
英語学習者に特化したもですが、ついに発売されました。

SHARP の電子辞書【Brain】

この電子辞書には、英和辞典、和英辞典に加え、「OXFORD 現代英英辞典」が入っています。
その上音声にも対応しており、まさに英語学習社のためのモデルといって良いでしょう。

実は、一つ前のモデルには英英辞典が入っていませんでしたが、今回追加されたみたいです。
素晴らしい判断です。

さらに、TOEIC 対策のコンテンツも収録されています。
あと、広辞苑も入っていますね。

価格面でもamazon.co.jp では1万円を切る実売価格です。
ということは、辞書を3冊そろえるよりも確実に安いわけです。

コストパフォーマンスの点からも、十分に合格でしょう。

今まで電子辞書を買いそびれていた人や、持ち歩くための機種を探していた人にはピッタリな一台だと思います。

タグ: , , , , ,

コメントは受け付けていません。